ソーシャル・メディアの活用  Philip Deane グローバリンクス代表

多くの企業では、ソーシャルネットワーキングツールを有効なものではないと考え、仕事で使用することを禁止したり、アクセス制限を設けたりしています。多くの企業はまだ、従業員が就業中にFacebook、YouTube、またはTwitterに時間を費やすことにためらっています。しかし、これらが適切に使用されるなら、ソーシャルネットワークは企業への大きな利益をもたらします。ビジネスプロセスを改善し、従業員の生産性をかなり増強できます。ソーシャルネットワーキングツールを取り入れ、基準、方針、手順、および安全策を作成することによって、これらのツールは、企業戦略と合致したものとなります。ビジネスをサポートし、学習ツールとして、幅広く活用することができます。
■個人/ビジネスで利用する有効性
人間は社会性動物です。私たちは家族、学校、組織、仕事、および個人の関心を通して共同体を造ります。私たちは個人的に知っている人々とのネットワークを作りたがります。そして、アドバイスや情報が必要になった時、頻繁にコンタクトを持ちます。
それは仕事環境においても変わりません。 私たちがだれかとの個人的にコンタクトを取るとき、その関係により、ビジネスの成果を簡単に上げることができます。従業員が仕事の遂行上、直接これらの個人に会わないかもしれませんが、お互いを知り合うように奨励することが、ビジネスのために意味があるものとなります。

Facebookの企業ページやTwitterページなど従業員にフォーラムを提供することで、お互いを知ることを奨励することができます。それらは、仕事上の関心事であったり、ゴルフや飲み会の予定であったりするかもしれません。このような活動は、仕事上のものであるか否かに関係なく、関係を築き、適切な人々を見つけ、お互いを知らないよりは、彼らとより効果的に働くことができるようになります。ランダムな一連の関係の中にビジネスへの本当の真価があります。従業員は情報を交換し、仕事の「正常な」範囲で外の人たちとコンタクトを取るからです。

■ビジネスサポート

適切なソーシャルメディアを選択するには、企業文化やビジネスニーズなど、いろいろな要因を考慮する必要があります。しかし、組織がソーシャルメディアを使用するときに必要な以下のような基本ツールがあります:

・協働
人々が会い、文書を共有し、プレゼンテーションをするなどの活動を促すツール。これには、テキスト、ビデオ、オーディオ、そしてその他の組み合わせなどが含まれます。これは、ファイル共有サイトやSkype、WebEx、GoToMeetingなどのコミュニケーションツールなどを通して実行されます。

・情報

ウィキや、Google Docsやファイル共有サービスなどの他のタイプの双方向の文書ストレージは、プロジェクト情報や文書に安全なアクセス方法をワークグループに対して提供します。情報は、グループのメンバーが更新し、情報を最新の状態で関連があるように保たれます。

・コミュニケーション

ブログやTweetingは、多くの人々が友人や同僚とコミュニケートし、経営層が従業員と意思疎通する有効な方法になりました。YouTubeスタイルのビデオやウェブナーは、情報を共有したり、地理的に離れたチームを訓練する方法として活用されています。

・専門的技術へのアクセス

LinkedinとFacebookスタイルのプラットホームを利用し、従業員は自分自身の情報、経験、およびスキルを掲示できます。そしてそれを奨励しています。これらの情報は、非常に対話的であり、内容を特定の関心を持っている人々にプッシュ配信できます。

 

This page is also available in: English

Globalinx Corp