効果のあがる変革のコミュニケーション

– The 3 Cs – Michael McCoy (コンサルタント/トレーナー)

1995年3月のことですが、HarvardBusinessが、ベストセラーの一つにもなったJohn Kotter著「LeadingChange:Why TransformationEfforts Fall (なぜ変革への対応努力は失敗するのか)」にもあるように、多くのマネージメント変革のイニシアチブは終焉を迎えているという警鐘を鳴らしています。

1995年3月と今を比べてみましょう。

・アマゾンは創設されていない
・グーグル設立まではまだ3年ある
・Wikipediaが世に出るまで6年早い

今日のビジネスのペースはとても早く、競合会社はスピードをもって能力と改革を企業のDNAの中に刻もうとしています。
こうした優良企業のステークホルダーは、こうした変革の動きを脅威ではなく、前向きな力として受け入れています。
彼らはうまく伝わっていない変革イニシアチブからは何も生まれないし、時として企業の根底やモラル、文化を損なう事につながることをよく知っています。
変革に関する効果的なマネージメントコミュニケーションには3つの’C’、すなわち説得力があり、一貫性があり、継続的なものでなくてはなりません。

説得性(Compelling)

—会社が危機に瀕しているかマーケットリーダーとして成功しているかに関わらず、変革ビジョンというものは明確で、企業文化と合わさり、しっかりと話し合いが行わなければなりません。

 

一貫性(Consistent)

—あらゆるビジネス競合に打ち勝つためには、経営陣の組織の方針に沿った言葉と行動は、明確に変革を支持し擁護するものでなくてはなりません。

 

継続性(Continuous)

—変革とは企業文化に結びつくものであり、すべての段階においてステークホルダーとの密接な関わりあいが必要となります。

 

Globalinx Corp