e-Wave 2012年5月号

Title:【e-Wave】これからの時代を生き抜く「ブルー・オーシャン戦略」とは?

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。
グローバル人材教育に有益な情報【e-Wave】です。
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
          【国際ビジネスや教育に携わる人にお薦めの一冊】 
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
今回は『ブルー・オーシャン戦略: 競争のない世界を創造する』
(W・チャン・キム/レネ・モボルニュ共著・訳:有賀裕子 ランダムハウス講談社)
をご紹介します。(原題:BLUE OCEANE STRATEGY-Harvard business school press)
http://www.tkd-randomhouse.co.jp/blueocean/top.html

競合他社よりも遙かに大きな成功を勝ち取る企業が存在する理由は何でしょうか?
シルク・ド・ソレイユはどのようにして、明らかに衰退しているサーカス業界で
成功したのでしょうか?なぜ サウスウェスト航空は、倒産する企業が増えている
業界で成功しているのでしょうか?
著者は、これらの企業が競争相手とは基本的に異なっている仮説の上で、戦略を
詳細に立てた、すなわち、実際には競争相手がいない領域(企業どうしが血みど
ろの競争をくり広げる市場空間である「レッド・オーシャン」と対比したブルー
オーシャン)へ移動し、例外的なビジネスの成長を維持していると考えています。
著者は、どのようなビジネスでも通用するブルーオーシャン戦略を構築するため
の概念的フレームワークを提供しています。私は組織と競争相手を「価値曲線」
にプロットできる「戦略キャンバス」の考え方が気に入っています。ブルーオー
シャン戦略を構築するには、まったく新しい価値ポイントを価値曲線上に作成し
成長させる、あるいは、他社を減少させるたり、完全に排除することで、既存の
価値曲線を根本的に変更しなければなりません。明らかに、製品ベースの営利企
業に対するものですが、著者は、ブルーオーシャン戦略を構築し、移行するため
のガイドを提供しています。
成長を目指す組織は、それが特定の部門であっても、本書の貴重で実用的な教訓
を活用することができます。著者は、2004年7月発行のハーバード・ビジネス・
レビューで「バリュー・イノベーション:連続的価値創造の戦略」(W・チャン・
キム、R・モボルニュ共著)と題した論文で、同様の内容を扱っています。
ハーバード・ビジネス・レビューの論文は、本書よりもケース・スタディが少な
いですが、基本的な概念やアプローチは同じです。

                                            (記:フィリップ・ディーン)

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
              <<公開セミナーのご案内>>  
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
【主催:PMI日本支部】-PMスキルアップ教室-
 テーマ『グローバルなプロジェクトや業務で生かせる異文化コミュニケーション術』
      ~アサーティブ・コミュニケーション・スキル~

 ●日時:6月20日(水)10:00-18:00 
 ●講師:森田汐生/アサーティブジャパン 代表理事 
 ●PDU :7PDU     

業務での英語による打ち合わせや会議での発表が思うようにいかないことはありませんか?
対立や意見の相違に対して、こちらの意図や希望を明確にできず、モヤモヤしたままにし
ていませんか?押しの強い相手と対すると、こちらから引いてしまう傾向がありませんか?

【期待効果】
-英語力にとらわれずに、英語コミュニケーションに自信がつきます
-意見や考え方の対立や反対に対して前向きに解決する姿勢が身につきます
-会議の席や打ち合わせなどで積極的で生産的なコミュニケーションがとれるようになります
-相手も自分も大切(尊重)にする姿勢が生まれます
-状況に応じて的確なコミュニケーション・スタイルをとることができます

【お申込み・詳細はこちら】↓
https://www.pmi-japan.org/event/open_seminar/skillup/2012_04_04_skill_up_2012_6_20.php

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          -グローバルなプロジェクトに参加する人々のための-
     シリーズ『英語で学ぶプロジェクト・マネジメント・セミナー』
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 ●6月29日(金) :Stakeholder Management
 ●7月20日(金):Project Essentials
 ●8月29日(水):Risk Management

 ●時間:10:30-17:00 
 ●講師:Mark Beresford PMP/(株)グローバリンクス プログラム・ディレクター
 ●PDU :5.5PDU/各回

【お申込み・詳細はこちら】↓
https://www.globalinx.co.jp/PM_open_seminar.pdf

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
   グローバル教育の動向がわかる最新版<<Newsletter-Spring2012>>
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
【概要】
 ◆Open Seminar Report「グローバル・トレーニングと要員育成を考える」
  ◆新シリーズ「グローバル人材について考える」
 ◆コンサルティング現場からの提言
 ◆-特別寄稿「企業文化と刑事責任」米国弁護士/カーティス・ヘロン
     ~企業文化は刑事責任の原因となりうるか?~

 【詳細は以下でご覧下さい。】↓
   http://www.globalinx.co.jp/pdf/Newsletter-Spring2012.pdf
……………………………………………………………………………………………
【研修プログラム】のご紹介↓
  ●ビジネス・スキル
    http://www.globalinx.co.jp/pdf/Global_Business_Skills_JP.pdf
 ●プロジェクト・マネジメント
  http://www.globalinx.co.jp/pdf/PM_Programme_JP.pdf
  ●グローバル・マインド&スキル
   http://www.globalinx.co.jp/pdf/Global_Mind_Skills_JP.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発信元】株式会社グローバリンクス/TEL:03-5297-8243/info@globalinx.co.jp
=グローバリンクスはPMI公認研修会社(R.E.P)です=http://globalinx.co.jp/pm-jp
…………………………………………………………………………………………………
 ※本メールは、ご縁あってお目にかかった方やお名前をお聞きした皆様にお送りしています。
 今後、本メールの受け取りを希望されない方は、お手数ですがお知らせください。
  また宛名などに訂正がございましたらお知らせください。

You must be logged in to post a comment.

Globalinx Corp