木を見る西洋人、森を見る東洋人

木を見る西洋人、森を見る東洋人
リチャード.E.ニスベット 著
ダイヤモンド社、2004年
 なぜ東アジア人は、西洋人に比べて種々の出来事の関係を捉えるのが得意なのか?なぜ東アジア人は人や物を周囲の状況から切り離して捉えるのが苦手なのか?
 物や出来事を分類するとき、なぜ東アジア人はそれらが互いにどう関係しあっているかを重視し、西洋人は対象自体の属性を重視するのか?
 心理学者の著者は、本書を著すにあたり、フィールド研究、社会調査、実験といった現代の社会科
学の研究と、歴史や哲学にもとづく論拠との両方を参照しながら西洋(ヨーロッパ文化に身を置く人々)と東アジア(特に中国および中国に影響を受けた日本と韓国を想定)の間に知覚や思考の体系に大きな違いがあること、なぜその違いが生じるのかを科学的に明らかにしようとします。そして「世界についての考え方は根本的にひとつである」とする認知科学の大前提に挑戦を試みます。

 著者が本書に込めた真の願いは、東洋人と西洋人が共に向上していくために、それぞれが得
意とする思考のツールを交換し合えるようにすることでありお互いの違いを理解しながら、うまくやっていく指針を示すことにあります。

Globalinx Corp