『ジャパニーズ・スピリッツの開国力~だから、僕らはグローバル人材をめざす~』 内田和成[監修] 竹井善昭[著] (ダイアモンド社)

ジャパニーズ・スピリッツの開国力

最近では「グローバル人材」という言葉を、当たり前の様に見聞きする事が多いと思います。多くの企業がグローバル人材の必要性を痛感し、各所ではグローバル人材育成セミナーも開催されています。皆様もこの重要な単語が気になっているではないでしょうか? しかし、グローバル人材とは? そして現在の日本に何故必要なのか?と言う問いには答えられる人は少ないのではないでしょうか?
 
『ジャパニーズ・スピリッツの開国力 ~だから、僕らはグローバル人材をめざす~』は早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏が監修、マーケティングを長年してきた竹井善昭氏の執筆によるビジネス書です。本書は、グローバル人材の本質を多角的に分析し、今後日本人の強み(武器)を活用していかに世界で戦っていくべきか?が、様々なケーススタディを通じて分かり易く解説されています。
 
「グローバル人材化」とは外資系に就職するとか、英語が流暢に話せるという事ではないと著者の竹井氏は主張しています。グローバル人材に必要不可欠な能力のひとつ「コミュニケーション力」に対しても日本では大きな誤解があり、「コミュニケーション力=人間関係力、あるいは相手に順応出来る力」ではないと、日本人特有の固定概念の危うさを指摘しています。ビジネスにおいて本当に必要とされるコミュニケーション力は、「異なる文化や自国の文化に対する理解力」だと、根底の部分を明確に説明しています。
 
竹井氏は、「このような異文化圏で日本独自の文化的価値をどう売り込むことができるかが、グローバル時代に必要な本当のコミュニケーション力なのだ」と解説。いくら知識や技術を磨いたとしても、それを使いこなすため、文化を学び、社会のニーズを理解する力こそがより重要であり、更にその上で新しい価値を世界にもたらすことのできる人間こそが真のグローバル人材である、と竹井氏は定義付けています。
 
本書の末尾に、「自分がどこに立ちたいかで、世界の広さは変わる時代でもある。もしかすると、本当のグローバル人材とは、世界の広さを自分で自由に選択できる人のことかもしれない」と記されています。確かに、自身の可能性に制限を設けるのも自分次第です。皆様も、「グローバル人材になる」という生き方を前向きに捉え、多様な文化や人種の人々と積極的に交流する事を大事にしなければと認識することでしょう。自分の将来を真剣に考える学生にも、また「グローバル人材」の真の意味を再考したい社会人にも、本書はお勧めの一冊です。

Globalinx Corp