「自分の未来」を拓く

「自分の未来」を拓く
ボブ・オブレー/小林 薫 著
マネジメント社、2005年

 著者のボブ・オブレー氏は、フランスを中心に国際経営コンサルタントとして活躍し、小林 薫氏は国際経営や能力開発に関する教育やコンサルティングで活躍されていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 本書は、ボブ・オブレー氏の『Bright Futures』をベースに、オブレー氏と小林氏が自由に意見交換をされたものを、紙上で相互の見解を統一されたものです。ご両人によりますと、本書は「従来の自己啓発を全面的に否定して、まったく新しい生き方を示唆する」ものにされたつもりとのことです。
さらに、両者の強みと弱みを語り合い、その成功と失敗、さらにお二人の偽らざる「告白」と実体験を含めて、読者と共有することを試みた一冊です。

 本書は3部構成ですが、第二部の能力開発のポイントを5本の「指」に見立てて、それぞれのポイントの事例を挙げながら明らかにしてくれるところに興味を惹かれます。
  ・親指——アイデンティティの発見
  ・人差し指–自己の企業化
  ・中指——実行能力づくり
  ・薬指——価値創造の本質の見極め
  ・小指——広い世界へ羽ばたく機動性

 小林氏は、本書を「昨今のキャリア・ディベロップメントをグローバルな角度から大きく見直すユニークな本」と自負されています。自らのキャリア形成に真剣に取り組もうとする方にお奨めできる一冊です。

Globalinx Corp