プロアクティブ・コミュニケーション

プロアクティブ・コミュニケーションケーススタディ

一連のプロジェクトに基づいたケース・スタディは、コンセプトとスキルを紹介し、実践するために、トレーニング内で使われます。

介入

サポートスタッフは、関係を壊したり次々に問題を引き起こすような間接的アプローチよりも、問題(と人)に直接アプローチする利点を学びます。
• プロアクティブ・コミュニケーション
• コミュニケーション・スタイル
• アサーティブ・テクニック
コンサルテーションサポートスタッフは、関わり合う問題の深い理解ができることにより、対人摩擦を減らし、賛同やコミットメン
トを増やし、長期的な行動変容を得られるコンサル型の時間を割くことの利点を学びます。
• リーダーシップ・スタイル
• 問題の明確化
• 根本原因
• 分析発表

• 建設的質問
• フィードバック・ミーティング
プレゼンテーション
サポート・スタッフは、顧客の個人や仕事上での誘因となることに関わりを持たせて、説得力ある提案や解決案の発表の仕方を学びます。
• 発表計画
• 発見技術
• リスニングの障害
• 反論への対処
• 解決策立案
• オプション評価
• 妨害への対処

期待効果

研修を通して受講者は、以下のことができるようになります。
• 状況を分析し、明確な行動方針に対する論理的で説得力のある議論をすることができる事実を選び出すことができる
• 分かりやすく、説得力のあるプレゼンテーション資料を作ることができる
• はっきりした結果を導き出すためのコンサルテーティブ(相談)型議論の開始とリードができる
• 必要な事実と真のニーズと問題を見出すための質問テクニックが使えるようになる
• ビジュアルツールとテクニックを使って、自身の意見を明確に説得力をもって述べることができる
• オプションに、コストやベネフィット、リスク、期待結果などが含まれるかどうかという解析的検討ができるようになる
• 相手の反論を見極め、それらにアサーティブな態度・姿勢で対処することができる

コンサルテーション

• レクチャーとディスカッション
• ケース・スタディ
ミニ・ロールプレー
• フィードバック
• ビデオレビューと自己評価

 

 

This page is also available in: English

Globalinx Corp