ステークホルダーマネジメント

ステークホルダーコミュニケーションケーススタディ

研修全体を通して、プロジェクトケーススタディを使用して、実用的な概念やスキルをわかりやすく解説しています。

コミュニケーション分析

時としてステークホルダーへのコミュニケーションは、情報が多すぎるために質の悪いものとなることがあります。結果としてマネジャーは最重要課題が認識 できず、プロジェクトを成功させるために、プロジェクトチームにとって必要であるものが理解できなくなります。
この章では、ステークホルダーおよびプロジェクトのニーズを分析し、必要なことだけをコミュニケーションすることを学びます。
• 聴衆
• 目的
• 構成

コミュニケーション・デザイン

この章では、聴衆であるステークホルダーから必要な事を聞きだします。

対外コミュニケーション:

• イントロダクション
• 進捗状況
• 計画
• 問題点/明確化
• リスク
• 結論
対内コミュニケーション:
• プロジェクト概要
• マイルストーン状況
• 問題点とリスクのエスカレーション
• 問題点とリスクのエスカレーション
• 資金情報

コミュニケーション実行

プロジェクトマネジャーはプロジェクトの工程のみならず、コミュニケーションやステークホルダーの期待にも対応することができなくてはなりません。しばしば、プロジェクトマネジメントにおいて最も困難な部分となるのが、プロジェクトマネジャーとステークホルダーとの人的インターフェイスです。この章では、強固な協働関係を維持すると同時に、難しい質問への回答、苦情処理、悪いニュースの報告などの効果的で有益な方法を学びます。
• コントロールする
• 困難な質問
• 苦情を受け止める
• 顧客満足の構成要素
• 苦情の解決
• 明確化の提供
• 悪いニュースの報告

 

 

 

This page is also available in: English

Globalinx Corp