Consultative Sales

Consultative Salesのフレームワーク

最高のセールスパーソンは、利益を生み出すのみならず、顧客からも信頼されるアドバイザーでもあることから、どの企業にとっても有益な人的資源です。高度なスキルを身に付けた接客セールスパーソンは、電話による応対を容易にしてもらえる手法を知っており、継続的な人間関係を構築することができます。こうした実用的で集中的な接客セールス・トレーニングプログラムは皆様の営業チームの営業スキルを向上し、顧客のニーズを理解することができるようになります。すなわち信頼上に基づいた、顧客との間の強く、有意義な関係からの恩恵を通して、最終的にはより多くの利益を生む出すことが出来ることを意味します。
本セミナーの主要な目的は貴社の営業チームの強さと経験を構築して、将来のお客様の見込みを捉えるスキルの向上に加え顧客から得る情報のタイミングや質を高めるための戦略を開発・向上することにあります。

基本コンセプト

  • 電話の準備
  • 電話の開始/コネクションの築き方
  • 徹底した調査と網羅していない顧客のニーズ
  • 顧客の質問と反対に対する対応の仕方
  • 業務の遂行(対内・対外的な

期待効果

本プログラムは接客セールスのプロセスの各ステージで必要となる特定のスキルに関する深い理解を得ることができます。具体的には、参加者は以下のことが可能となります。

  • 新規顧客に対してしっかりと構築したセールストークを行うことができる
  • 接客セールスアプローチをいつでもどこでも使うことができる
  • 顧客のビジネスの核心に迫ることができる
  • 幸先の良いスタートを切り、勢いを維持することができる
  • ビジネスのキーパーソンを見つける
  • 失敗しないための効果的なセールスの仕組みが使える
  • 購買意欲を素早く見抜き、行動する
  • 反対を克服するためのテクニックを身に付ける
  • 顧客の望みを遂行して、売り上げにつなげる
  • 接客セールスアプローチの特徴と利点を理解する
  • 顧客に初めて会った時のためのより良い印象作りができる

概説

ケーススタディ:ケーススタディのシリーズはコンセプトとスキルの説明及び練習に使われます.

ステップ1:開始
このステップではあらゆるセールスコール時のウォームアップ行事を含みます。
これにより、顧客の情報を得たり、関係の種類やタイプを見極めたり、利点や必要なニーズの診断をするための許可を得たりするためのプレゼンテーションがうまく出来るようになります。

ステップ2:調査
接客サービスを提供するためには、セールスパーソンは顧客の観点から顧客の置かれている状況を理解把握しなければなりません。開かれた質問(オープンクエスチョン)をすることで、セールスパーソンは必要な情報を得るための判断保留の環境を作り出します。

ステップ3:デモンストレーション
重要なアクションの各ステップでシナリオに基づいたロールプレーのデモンストレーションを観ます。これらのデモンストレーションでは担当マネジャーと顧客のやり取りが現実的に、適切な方法で実施されます。またこれらのデモンストレーションはあなたの組織の現実的な状況下で行われます。参加者はこれらのロールプレイシナリオのメモを取り、どのようなキーアクションが使われ、やり取りの中でどのような効果があったのかを話し合います。また改善された領域やポイントについても話し合います。

ステップ4:コミットメント
例を使ってイニシアチブを取り主導することで、組織内の他者とお客に対して、何があなたにとって重要なのかを示すことができます。この言動はお客様に付加価値を見せることができ、かつ競合他社と差別化できることにつながります。

This page is also available in: English

Globalinx Corp